キャッシングで主婦が多重債務になってしまうのはなぜ?

キャッシングが誰でも比較的簡単にできることは多重債務者が増えることにもつながり、社会問題にもなっています。
専業主婦が、家計のやりくりにお金が足りなくなったとして、キャッシングを頼ることもあります。
ギャンブルにのめりこんだり、高価なブランド物を買いすぎて多重債務になる人もいます。
夫に内緒でキャッシングを繰り返すうちに、多重債務になっていったと言われています。
主婦に限らず、無職の人のような一定の収入が無い人にとっても同じことです。
収入が無い人にとって、キャッシングは時にとても危険です。
返済が難しいだけ、自転車操業のようなお金の流れが多重債務を招いてしまうことがあるのです。
多重債務者が増加するという社会問題の影響もあり、キャッシングに関する法律が2010年に見直されて年収が少ない人のキャッシングが難しくなりました。
主婦の場合どうしてもキャッシングをしたい場合には、夫の了解を得ることが必要になります。
法改正の影響もあり、主婦の多重債務問題は少なくなっています。
キャッシングが収入によって制限され多重債務者が減少しつつある一方で、キャッシングを断られた人が闇金融の被害に遭いやすくなったともいいます。
多重債務はある日突然なるのではなく、キャッシングを軽い気持ちで利用する姿勢が招き寄せるものだといえます。
キャッシングは便利な存在ですが、自身の収入の範囲内で無理なく返済できる金額に留めることが多重債務の防止策です。