生命倫理観の欠如?

最近では、生命倫理観を十分に持たない人が増えてきています。
それが問題視されています。
(汗)残酷な殺人事件とか、幼児、老人など弱者に対しての、ひどい行為があります。
(涙)容疑者は、「死ぬとは思ってなかった。
」と言いますが、これこそ、人を人と思わない生命倫理観の欠如した人の言葉ではないでしょうか。
残念な事です。
(汗)尊い人の命を預かる医師として、看護師にも、生命倫理観の欠けている人が増えてきていると言います。
(汗)このような傾向としては、医療ミスを発生させる要因のひとつと言えます。
(汗)生命倫理観の欠如している人と言うのは、医療ミスを起こしても隠ぺいしようとします。
と思っているのです。
このような行為は、患者を自分と同じ人と思っていないと言うことでしょう。
そう思えます。
また、医療者側が、患者を一人の人間だと思っていないのでしょうね。
最悪「モノ」のように扱ってしまっていると言えます。
こうなると医療の今後が危ぶまれています。
この様な潮としては、医師、看護師と患者のコミュニケーション不足もあると思います。
それが繋がっていると思います。
日頃から、医師、看護師と患者の間に会話があると、患者の容態、患者の体質、持病でこのような薬を飲んでいるなどを把握することが出来ますよね。
そして患者は、病院、医師を信頼して身を任せているわけですね。
それなのに、このようなことが起きるのは悲しすぎると思います。
(汗)。